【ヒルナンデス放送】正しい冷え性対策を知って生活に取り入れよう

雑記

こんにちは、米田しゃもじです!

最近は寒い日々が続いています。

家の中にいても特に手足が冷えていませんか?

今日はヒルナンデス!で放送された【冷え性対策】について紹介します。

簡単に取り入れられる冷え性対策法だったので、シェアさせていただきます♩

 

冷え性対策の正誤(1.31放送 ヒルナンデス!より)

日本で初めて【冷え性外来】を開設した
医師の渡邊賀子先生が、ヒルナンデス!で紹介していました。

 

1-1. 冷え性対策として熱めのお風呂に入るのは間違い×

熱めのお風呂に入るのは冷え性対策にはなりません。

熱いお風呂に入ると体が危険と感じ、交感神経が優位になって抹消血管が縮まります。

その結果、隅々まで血液が巡らず全身を温める効果が薄れてしまいます。

40度くらいのぬるめのお風呂に
ゆっくり(20分くらい)入るのが冷え性対策にはおすすめです。

 

湯船に浸からずシャワーだけの場合、
温かさを感じているのは体の表面であり、
体の奥までは温まることはできていません。

シャワー派の人は下記2点を取り入れると良いそうです。
・浴室を温かくしてから入る
・シャワーの前後で温かい飲み物を取る

 

1-2. 冷え性対策として服の上から乾布摩擦をするのは正しい○

衣服の上からの乾布摩擦は冷え性対策に有効です。

乾布摩擦といえば裸(薄着)になるイメージがありますが、
寒さで手足の血管が縮まるため逆効果!!

手のひらで腕の表面をさする・こするなど、
寒さを感じたときに自然とやっていた動作が【乾布摩擦】に値します。

衣服の上からでも結構改善が十分期待できるため、意識的に取り入れると良い◎

 

1-3. 冷え性対策として綿素材の服を重ねて着込むのは間違い×

綿素材の服ばかりたくさん重ねるのは冷え性対策にはなりません。

綿は汗を吸う吸湿性と通気性に優れ、肌着としては優秀!

しかし、通気性が良い分外に温かい空気を逃してしまいます。

綿素材の肌着・断熱性の高いウール・風を通さないコートやダウンを羽織るのが、
冷え性対策には効果的な格好といえます。

 

1-4. 冷え性対策として湯たんぽで足元を温めて寝るのは正しい○

就寝時に湯たんぽを使用するのは冷え性対策に効果的です。

足は冷えやすい場所なので、重点的に湯たんぽで温めると良い◎

安眠・熟睡につながることで、
冷え性の原因の一つ「睡眠不足」の改善が期待できます,

 

効率的な湯たんぽの使い方寝る前に布団内の首が当たるところに湯たんぽを入れておき、
布団に入るときに足元にずらすのがオススメ!
布団に入っても首元がヒヤッとせず、足元の湯たんぽで足先を温めることができます

 

まとめ & 感想

冷え性対策として日常生活に取り入れたいこと

・お風呂に入るときは40度で20分浸かる

・手のひらで衣服の上から体の表面をさする

・洋服の素材を気にしながら重ね着をする

・湯たんぽを効率よく使用して睡眠の質を高める

末端冷え性もちで家の中でも靴下が欠かせないしゃもじですが、
意識的に足先をさすって温めるように心がけようと思いました。

湯たんぽを上手に活用して、冷え性対策に取り組みます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました