読書で知識を深めよう!図書館で本を借りるメリットとは?【無料】

雑記

こんにちは♩米田しゃもじです!

毎日、朝5時に起床しています( ^∀^)
本を読んだり、ブログを書いたり、録画していた番組を見たり。

しゃもじ
しゃもじ

朝の時間を活動的に過ごしています

今まで読書に全く興味がなかった私が「本を読むって面白い」と思うようになったのは、ブログを始めたからです。

ネットで情報収集しつつ、ブロガーさんがオススメする本も読んでみたら、読書にどんどんのめり込んでいきました。

本記事の内容
  • 「読書」本を読むことで知識を深めよう
  • 図書館で本を借りるメリットとは?【無料】
  • まとめ

本を読むって時間の無駄なんじゃないか?
と思っている方に是非読み進めていただきたいです。

「読書」本を読むことで知識を深めよう

読書をする目的はなんのためですか?

私は情報収集するために本を読み始めました。

偉人や憧れの人の思考力を勉強する

本を読むことで、著者の考え方や主張がわかります。
その本をオススメしているブロガーさんも著者の主張を支持しているのだと思います。

本を読むことで凡人しゃもじでは考え及ばない思考力に気付きます。

「自分にも取り入れたい」著者の主張はメモをして、いつでも読み返せるようにしています。

自分自身の思考力も変えていきたいからです。

知らないことを知る

新しい知識を吸収するたびに「自分は何も知らなかったなぁ」と気付かされます。

「知っている」のと「知らない」のとでは、大きく違います

本から得た知識を鵜呑みにするべきではないですが、たくさんの情報の中で必要な知識を得る努力が必要です。

しゃもじ
しゃもじ

今まで何も考えず、思考停止状態で生きていました。

知識を得るだけでは時間の無駄かも。実際に行動するべき!

ブログ界の師匠マナブさんも「本を読むだけじゃ、知識は定着しない」と明言しています。

「読書+行動」が一番効果的。

例えば・・・

  • レシピ本を読んでも、実際に料理を作ってみないと意味がない。
  • 文章力の本を読んでも、実際に文字をおこさないと意味がない。

つまり、読書に費やした時間=無意味?

「本を読む+行動する」までがセットです。

行動しないうちは、読書した時間が無駄になる可能性が大いにあります。
本を読んだら行動しましょう!

図書館で本を借りるメリットとは?【無料】&【読み放題】

読書で必要な「本」を私は図書館で借りています。

最大のメリットは本が無料で読み放題

図書館の本は「無料」で「読み放題」です

無料だと、読書のハードルがかなり下がります。

タイトルから興味のありそうな本を借りて、パラパラと読み進めればOK
ハマればどんどん読み進むことができるし、ハマらなければ期限内に返却するだけ

私は小学生ぶりに図書館で本を借りました。

今まで:本を読みたい=購入しなければならない

コストが発生するため「買うべきかどうか」でまず検討。
いざ本を購入すると、買ったことに満足&いつでも読める安心感でしばらく放置することもしばしば。
結果として、次から次へと本を読み続ける習慣は身につくことはありませんでした。

現在:本を読みたい=図書館を利用

無料なので「気になる」程度で即決
期限内に返却しなければならないので、とりあえず読み進める

図書館の本は「無料」かつ「読み放題」
気軽に本を読むことができるのが最大の魅力ですね!

唯一のデメリットは読みたいときに読めない可能性

無料で読み放題が魅力の図書館の本ですが、デメリットもあります。

読みたいときに読めないことが多々あること

人気作品は【貸出中】です
読みたい人が多いのでしょうがない

貸出中の場合は・・・

  • 予約をする(順番待ち)
  • 諦める(読まない)
  • 購入する(または立ち読み)

私は予約をして順番がくるのを待ちます。
人気作品はいつになったら読めるやら、気長に待つことにします

まとめ

◎本を読むことは面白いです

  • 憧れの人の思考力を学ぶことができる
  • 知らないことを知ることができる

本を読んだあと実際に行動することが大切
本を読んだ時間が無駄にしないためにも、得た知識を実生活に取り入れるようにしています

◎本を気軽に読むには図書館を利用すべき

  • 無料
  • 読み放題!

読みたい本をすぐに借りられないことも多々あります。
他の本を読みながら気長に待つことをオススメします。

早起きすると、時間を確保することができます。
最近では目覚し時計なしで、休日でも自然と5時頃に目覚めるようになってきました。
これからも早起きをして朝活を続けたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました♩

コメント

タイトルとURLをコピーしました