【ヒルナンデス放送】ダメージヘア対策:ケア方法を見直して美髪を目指す

ダメージヘア対策 雑記
しゃもじ
しゃもじ

紫外線対策していますか?

こんにちは、米田しゃもじです。
5月は1年の中で紫外線が一番強く、髪の毛がダメージを受けやすいそうです。

2019年5月16日ヒルナンデス放送の【ダメージヘア対策】より、健康的な髪の毛(美髪)を目指すためのコツを一部抜粋して紹介します!教えてくれたのは皮膚科医 髙橋 栄理先生

しゃもじ
しゃもじ

いつもの習慣を少し見直してみませんか?

【ヒルナンデス放送】ダメージヘア対策:ケア方法を見直して美髪を目指す

髪の毛は傷んでしまうと回復しません…
ダメージを受けないように対策することが大切ですよ!

ダメージヘア対策① シャンプー前に髪をとかす

シャンプー前にくしを使って髪をとかしておきましょう

 ▶︎ブラッシングの効果

  • 頭皮についた汚れを浮かび上がらせる
  • 髪の毛についたホコリや汚れを落とす
  • 髪の毛のもつれが取れシャンプーの泡が行き渡りやすくなる


 ▶︎シャンプー前に予洗いがオススメ

  • 余分な皮脂が落ちやすくなる
  • 泡切れが良くなり、すすぎ残しも少なくなる

※予洗いとは頭皮全体を温めるように、お湯だけで洗うことです。

しゃもじ
しゃもじ

ヒルナンデスでは頭皮ブラシも紹介していました。

ダメージヘア対策② 睡眠の質が大切

寝不足が続くとホルモンバランスが乱れます。
ホルモンバランスの乱れは、成長途中の髪の毛が抜けたり、新しい毛が生えにくくなったりするので睡眠の質が大切です。
健康的な髪の毛であれば、ゆるく結ぶだけでは傷みません。髪の毛が乱れて寝にくい場合は、ゆるく結んでぐっすり眠ることがオススメです。

ダメージヘア対策③ ドライヤー前に髪をとかす

ドライヤー前に濡れた髪の毛をとかしておきましょう

▷タオルドライした状態の髪の毛

  • くっつく
  • 絡まる
  • 毛束状態

乾きにくく、長くドライヤーの熱を当ててしまいがちです。

濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態なので、目の細かいクシではなく、目の荒い太いクシを使うこと
髪の毛のからまりをなくし、素早く乾かすことが傷ませないポイントです。

ドライヤーのかけかた

ドライヤーを使う女性

根元→毛先→上から冷風

キューティクルは冷えると閉まる傾向があるため、
髪を乾かしたあと冷風でブローをするとツヤのあるきれいな髪の毛になります。

ダメージヘア対策④ トリートメントのすすぎ加減に注意

トリートメントのすすぎ過ぎにご注意ください。すすぎの目安は、ヌルヌル→スルスルとした手触りになったころ
トリートメントは髪の内部を補修する効果も期待できますが、すすぎ過ぎるとトリートメント成分が落ちてしまいます。

ヌルヌル感がなくなり触るとスルスルと滑るぐらいを目安にすすぎましょう。

コンディショナーとトリートメントの違い

コンディショナー:髪表面をツルツルに
トリートメント:髪表面+髪内部を補修

ダメージヘア対策⑤ バランスの良い食事を心掛ける

髪の毛に良い食べ物といえば、ひじき・ワカメなどの海藻類ですが、ひじき・ワカメだけでは不十分です。バランスの良い食事を心掛けましょう!
ひじき・ワカメなど海藻類に含まれる栄養素はミネラルです。

髪の健康には欠かせないミネラルですが、髪の主成分【ケラチン】を補うためには
タンパク質 + ビタミン & ミネラル が必要です。

抜け毛が気になる方にオススメ飲み物 :豆乳

豆乳に含まれているイソフラボンには、髪を抜けやすくする男性ホルモンの働きを抑える女性ホルモン“エストロゲン”と似た働きがあります

抜け毛が気になる方は、豆乳を積極的に飲みましょう!

まとめ

髪の毛にダメージがあると老けた印象に見えますよね…?
逆にいうと、健康的な髪の毛を保つことができれば、若々しい印象を与えることができますよね♪( ´▽`)

一度傷んでしまった髪の毛は回復しないようなので、傷ませないことが大切ですね。

しゃもじ
しゃもじ

日々のケア方法を見直してみます

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました