春先から見直すヘアケア:薄毛、抜け毛対策【ヒルナンデス放送】①

薄毛・抜け毛対策アイキャッチ 生活

こんにちは、米田しゃもじです( ◠‿◠ )

新年度がスタート

そして新元号が発表されました!

新元号「令和」発表

慣れるまで違和感ありますね。平成も間も無く終わるのかぁ〜

だんだんと暖かくなり、気をつけたいのが紫外線の影響。

2019年3月18日「ヒルナンデス!」で放送された
【春先は要注意!薄毛、抜け毛対策】より抜粋して紹介します。

教えてくれたのはウィメンズヘルスクリニック東京 院長 頭髪専門医 浜中 聡子先生。

健康な髪を維持するために役立つ情報なので、
是非チェックしてみてください♩

抜け毛、薄毛対策:紫外線を避けるべし

紫外線は髪の毛に大きなダメージを与え薄毛、抜け毛の原因になります。

3月〜4月は紫外線が増えるため、外出時は帽子や日傘を使いましょう。

抜け毛、薄毛対策:大切なのはシャンプーのやり方

【頻度とタイミング】シャンプーは夜寝る前に1回する

シャンプーをする女性

薄毛や抜け毛を防ぐため、シャンプーは夜に寝る前に1回が正しい頻度です

必要以上にシャンプーをすると、頭皮を保護している皮脂を過度に落としてしまいます。

皮脂がなくなると抜け毛の原因になるので、
浜中先生曰くシャンプーは1日1回で十分です。

また、朝シャンプーより夜シャンプーを推奨する理由として

  • 寝ている間に新陳代謝の働きによって髪の毛が育つ
  • 夜、頭皮が汚れていると髪の成長を妨げる

上記2点が挙げられ、
可能であれば朝ではなく、夜にシャンプーを行いゆっくり休むこと良いですね

【正しいシャンプーのやり方】

  1. シャンプーをつける前に1分半以上しっかりとすすぐ
    汚れの8割を落とすことができます◎
  2. シャンプーを手でよく泡だててから髪の毛につける
    髪の毛に直接シャンプーをつけて泡立てる行為は、髪の毛を傷めます
  3. 38〜39度程度のお湯でしっかりとすすぐ
    熱すぎるお湯は頭皮に負担を与えるため悪影響です
  4. 髪の毛を軽く絞り、水気を切ってコンディショナーをつける
    濡れているときが髪の毛は一番傷みやすいため、絞る行為はNG
  5. コンディショナーが頭皮に残ると薄毛・抜け毛の原因となるため、しっかりすすぐ

抜け毛、薄毛対策:ドライヤーの使い方

ドライヤーを使う女性

髪の毛からこぶし2個分(約15cm)の距離で
髪の毛をしっかり分けながら、頭皮に風が当たるように乾かす

ポイント

髪の毛先から乾かすのはNG

シャンプー後の髪の毛のタオル巻きは蒸れる上に

濡れたままの状態は傷みやすいためNG

ドライヤーの冷風は、仕上げに使うと髪にツヤが出ます

最後の仕上げとして使用するのが良いようです( ^∀^)

抜け毛、薄毛対策:有効な食べ物は牛肉

髪の99.9%はケラチンというタンパク質でできているため、
タンパク質を摂取することが大切です

また、髪を作る細胞の働きを活性化するのが亜鉛

牛肉はタンパク質と亜鉛を豊富に含むため、
薄毛や抜け毛予防に良い食べ物です

 

そのほかに

  • カシューナッツ(髪の黒さを維持する銅)
  • 小松菜(血行をよくするビタミンE)

が髪の毛に良い食べ物として紹介されました

まとめ

薄毛や抜け毛は遺伝よりも生活習慣の影響が大きいようで、

現時点で悩んでいたとしても悲観的になる必要はないと言った

浜中先生の言葉が印象的でした。

私は普段ドライヤーをかけるまでが面倒に感じてしまい、

お風呂から上がった後タオルを巻いてしばらくの時間過ごしていました。

濡れた髪の毛のままでいることが傷みやすいと知ったので、

悪しき習慣を改善しなければならないと思います…

白髪対策はまた後日記事にします♩

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました