iPhone6Sバッテリー交換に行ってきた!

生活

こんにちは、米田しゃもじです♩

ポケモンgoにハマっている日々ですが、
2年半以上使用しているiPhoneのバッテリーが長持ちせず
常にモバイルバッテリーとケーブルを常備していました。

iPhoneを買い換えたいけど、、、
高い!涙

と諦めていましたが、
iPhoneってバッテリー交換できるんですね!?

今までは2年かけて端末代を支払い終えたら、
次の本体を買い換えるサイクルだったため…
知らなかったんです。。

 

iPhoneバッテリー交換できることを知ったきっかけ

iPhoneバッテリーは交換できると知ったのは、
とあるスマホニュース。

電池交換プログラムは2018年まで
という記事。

2018年12月31日までは
iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xのバッテリー交換料金は3200円。

2019年1月1日から
iPhone X以外は5400円に、iPhone Xは7800円に上がる。

 

バッテリー交換できるんだ!
と初めて知りました。

 

iPhone バッテリー交換の予約

2018年12月末までの予約は常にいっぱいで、
(私と同じく駆け込み需要が殺到したものと思われます)
予約ができたのは価格変更後の2019年に入ってからでした

Apple公式サイトから

サポート

iPhone

修理

バッテリー交換を申込む

バッテリーと充電

バッテリー交換

持ち込み修理

Apple IDを使ってサインイン

希望の店舗を探し、
空いてる日を予約する

 

予約ができたらまずは安心。

 

iPhone バッテリー交換までにやること

  • データのバックアップを取る
  • 「iPhoneを探す」機能をオフにする

データのバックアップもiPhoneを探す機能も、
使ったことがなかったんですが
想像以上に簡単♩

Apple公式サイトの通りに
操り人形状態でやるだけ!

データのバックアップには時間がかかるので、
予約時間まで余裕を持って済ませてください。

 

iPhone バッテリー交換当日

iPhoneの現在の状況診断から始まりました。

フル充電しても新品購入時の80%程度にしかならない状況で、
バッテリー交換が妥当であると診断されました。

また、充電回数が数値化されていて
800回を超えるとバッテリー交換時期の目安になるんだそう。

私のiPhoneは1000回を超えていたので、
数値としてバッテリーの劣化を証明してもらいました。

2年半以上も使用していたので、
バッテリー劣化は明確でしたが
数値として提示されるとより納得して交換をお願いできるのでいいなと思いました

 

診断時に特殊な吸盤を画面に使用するとのことで、
事前に案内はありましたが
使用中の画面シートが剥がれてしまい
破棄してもらいました。

 

iPhone バッテリー交換の所要時間

当日、週末の夕方だったからか、
店内はかなり混んでいました。

バッテリーの交換には1時間かかると言われ、
1時間後の時間を明記された引換券をもらいました

実際、時間を持て余してしまい
50分くらい経過したところで店舗へ戻ると
既にバッテリー交換は終了していたようで
対応してもらえました。

 

iPhone6Sバッテリー交換にかかった費用

今回のバッテリー交換にかかった費用は、
5,832円(税込)

2018年内に交換できなかったのが、
悔やまれますが…

本体を買い換える必要がなくなったので、
よしとします!

画面シートも新しく購入し、
2,138円(税込)追加で支払いました。

iPhone6Sという古い機種に
計7,970円もかかったと思うと、
ちょっと高くついた気もしますが…
今後も長い付き合いとして大切に使用していきたいと思います。

 

まとめ

iPhoneはバッテリー交換できる◎

費用は機種により異なりますが、
5,400円(税別)
7,400円(税別)

iPhoneの最新機種にまだ買い換えない方は、
バッテリー交換を検討してみてはいかがでしょうか?

思ったよりも簡単に交換できました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました